ゴシップだいすき★
平野区 新築一戸建て 情報はすぐに成約が決まります。 中古不動産より新築不動産をお求めの方は、どうぞ弊社スタッフにご相談下さい。 その旨で対応させていただきますので、まずは弊社にご連絡下さい。

朝日新聞社が送るエッセンス

AERA

ではここからは各週刊誌について話していきましょう。まず始めに紹介するのは超大手の朝日新聞社から発行されている『AERA』について紹介しよう。

その歴史は1988年5月に創刊し、現在まで日本の最先端の情報を提供していることで評価を集めている週刊誌となっている。週刊誌名の『AERA』とは、ラテン語で『時代』を表しており、文字通りの内容を20年以上変わらず提供している。その内容をテーマとして『日本初の本格的ニュース週刊誌』と称して、創刊当初から広告などの見出しには『ライバルは朝日新聞です』と銘打って、初代編集長と当時の朝日新聞社長が握手を交わすものが展開されていた。大見得を切るほど、その自身が良く雑誌からにじみ出ているので決意の程が当時から痛いほどに読者達の心を打っているのだろう。

表紙に使われている写真に関しても、創刊当初から変わらず写真家の『坂田栄一郎』氏が撮り続けている。表紙として掲載される著名人に関しては、その時に特集している時代の最先端で活躍して、話題性を持っている人を多く採用しているので、他の週刊誌と比べたらかなり異質な要素をかもし出しているのも事実だ。ただまじめな内容なので、それはそれで良いのだ。

紙面のフォーマットに関しては、発酵するその州のニュースの中から、特に印象の強い内容のニュースをテーマに取り上げて、カラー写真を盛り込みつつ掲載している、いわばビジュアル面を非常に重要視している。そういわれてみると週刊誌のイメージとしては、内容は完全にモノクロのものがほとんどだという印象を受ける。ファッション関係ならともかく、ゴシップ系の記事に関してはカラー写真を用いるよりかは、モノクロを使用した方は真実味を増すような錯覚を生み出すのかもしれないが、コスト的なことを考えても安上がりなのは本音かもしれない。ただニュース記事となればカラー写真を利用することにより臨場感も増して、内容の奥深さを協調することが出来るのかもしれない。費用は恐ろしく掛かるかもしれないが、ニュース週刊誌という体裁においては欠かすことの出来ないことなのかもしれない。

政治面に関しても取り上げることは多く、主に朝日新聞本紙と同様にリベラル路線を貫いているが、比べたときに実は異なっていることもある。AERAの場合は女性を取り巻く社会情勢や学歴に関する記事が多く組まれており、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故以降に関しても、女性と子供をめぐる安全安心をテーマにしている記事も増加の傾向にある。週刊誌といえば男性が読むものという印象があるのも確かだろう、そういった中でこうした女性目線で必要、もしくは雑学となる情報を掲載することは良いことだ。その内容については女性だけでなく、時には男性でもあっと驚くような内容の者もあるので、中々に目を離すことは出来ない。こういった女性視点の記事に関しては基本的に女性ライターさんが執筆していることがほとんどなので、女性が共感しやすい内容といえるだろう。

また2009年からは小中学生を読者層としたAERAとして、『月刊誌ジュニアエラ』が創刊される。また、英語の語学月刊雑誌『AERA ENGLISH』といったものもある。

毎週読みたい週刊誌!
都心に近い住まいを探しているあなた、通勤を少しで楽にしたいと切に願ってるあなたのそんなわがままを全てコバルトエステートが叶えて差し上げます 。

代表的な掲載内容

日本初のニュース週刊誌、ということで掲載内容に関して、ほとんどがニュースを取り上げられている。中には本当に小難しいものまであるときは、実際にその現場で働いている権威ある人物に取材している生地も出されるなど、その内容について存じている人ならば興味深いものとなっている。具体的な掲載内容を分類すると、以下の通りとなっている。

といったものが中心的に掲載されているので、お堅い内容の仕上がりとなっているのは明白である。

一行コピー

AERAの特徴的な広告としては『一行コピー』が名物となっているのは、知っている人なら知っていることだ。どのようなものなのかというと、記事に掲載されたトピックに引っ掛けた駄洒落となっており、それも毎週どういう駄洒落が掲載されるのかを楽しみにしたりして、その内容について出来・不出来を判断するといったことをする人もいる。

ただ重大事件の直後に関しては封印されることになっており、その内容に関わらず世情に沿うような配慮をしている。この一行コピーに関して、年間最後の郷に一年間の内容を掲載される以外、本紙にはほとんど掲載されないが、2010年6月7日から目次に掲載されるようになった。ユーモラスを求めるという意味ではありかもしれないが、やはりニュース週刊誌ということもあって、悪ふざけも中々出来ないということになってしまうのかもしれない。

おすすめの一冊

不祥事

そんなAERAでもあるとき世間の心を刺激するような不祥事を引き起こしたことがある。それは東北地方太平洋沖地震、いわゆる東日本大震災の時だ。問題となった雑誌は2011年3月19日発売号の時、防毒マスクをつけた人物の顔をアップにした、赤い文字の見出し『放射能が来る』を重ねた表紙を掲載してしまうのだった。これにより風評被害を蒙る、恐怖心を煽って何がしたいのか、といった非難が続出することになってしまう。そのとき日本中が地震の恐怖に怯えていたこともあり、この表紙で余計なことを吹き込まれてしまった人も仲に履いたかもしれない。強烈な表紙を追い求めるばかりに関東圏を中心とした人々にいらぬ心の負荷を与えることになってしまった。

この時代を受けて同誌は謝罪をツイッターにて表明することになり、某新聞社からの取材に対してもつぶやいたとおりの内容となっていますと取材に答え、公式サイトでもこの気印会を表明した。この態度も気に食わないとして、批判はますます増加してしまい、その後編集長であった『長木和晴』氏が、サイト上で公式に謝罪を発表することになった。

2013 皆大好き!? ゴシップ誌特集♪